ルナベルの避妊目的での使用

経口避妊薬、いわゆるピルにはさまざまなタイプがあり、目的によって選択することになりますが、一般的な避妊目的ではなく、月経困難症や月経前症候群などの治療を目的として処方されるものもあります。こうした月経前症候群などの治療を主体として処方されるものの代表例として、ルナベルとよばれる製品があります。
一般的な低用量ピルの場合、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを人工的に合成したものが成分となっていますが、人により吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛、倦怠感、胸の張りなどといったつらい副作用を感じることがあります。これらの副作用はホルモンが原因となっており、昔のピルにくらべれば、それでも卵胞ホルモンの含有量はかなり少なくはされているものの、副作用がおさまることはないようです。ルナベルの場合には、このホルモンの含有量を、一般的なピルよりもさらに少なくしたものですので、当然ながら副作用の心配をしなくてすむものです。
ルナベルは月経前症候群などの治療目的の場合には、健康保険の適用が受けられますので、実際に窓口で支払うお金も少なくてみますが、避妊目的で使うとなればそうはいきません。また、ルナベルは月経前症候群などの治療目的で厚生労働省からの承認を受けており、避妊を明確に目的としている一般的なピルとは異なるものです。したがって、そもそも産婦人科などを受診してこのルナベルの処方を受けようとする場合には、避妊が目的の場合には処方されないということにもなります。
ただし、それではまったく避妊には効果がないのかといえば、海外では避妊用として通用している事実がありますので、計画的に飲み続けるのであれば、効果がないこともないようです。