低容量の経口避妊薬の1箱あたりの内容量と金額

女性の中には避妊をするためのアイテムとして、経口避妊薬(ピル)を常用する人が多いです。これは、比較的副作用が少なくて安全に飲み続けられる低用量ピルが登場したのが一つの理由となっていますが、この低用量ピルの内容量と金額はいったいどのようになっているのでしょうか。
低用量ピルの内容量は、1箱あたり21錠もしくは28錠となっているのが一般的です。避妊をしたい女性は月経初日から服用をはじめて、1日1回1錠ずつ、できるだけ同じ時間帯に服用していきます。1箱21錠入りのものを手にした場合は、21日間飲み終えたら、翌日から7日間は避妊薬を服用せずに過ごし、引き続き避妊を続けたい場合は29日目から服用を始める仕組みになっています。一方、1箱28錠入りのものは飲み忘れが心配な人向けのもので、7錠分の偽薬を含むことで服用しない期間のことを考えずに使用することができます。
低用量ピルを手に入れるために必要な金額は、クリニックで診療を受けた上で手に入れる場合は、2,000円前後の薬代に診察料や検査料などが加わった金額となりますが、通販サイトから外国製の低用量ピルを注文して入手する場合、製品によっては1,000円程度で販売されているものもあります。また、製品の内容量による金額の違いを比較すると、21錠入りと28錠入りでは前者の方が安くなっている場合が多いですが、金額の差はほとんどありません。実際、低用量ピルを取り扱っているクリニックの中には、21錠入りと28錠入りを同額にしているところが数多くあります。単に薬だけがほしいのであれば、通販サイトで注文して手に入れたほうが断然安いですが、服用開始後に身体に異変が生じた場合の治療は自己責任で行わなければならないので注意が必要です。