避妊するための飲み薬の買い方

今は女性であっても主体的に妊娠を防ぐための避妊方法を実践している人もいるくらいなのです。今までの日本では男性主導型の社会であり、避妊に関してもコンドームを男性がつけるということがなされていて、女性が自分で自分の身を守るということがなかなか出来ない状態にあったのです。しかし、今は女性が自分で服用する避妊薬というのも知られるようになっています。
経口避妊薬には低用量のものと中用量のものがあります。低用量のものではホルモン剤が入っている錠剤を毎日服用することで、ホルモンを調整して女性の排卵を抑制してくれるような効果が生まれるようになっているのです。ですから、性交渉をしても女性の排卵がない状態であれば、体内に精子が入ったとしても受精しない、つまり妊娠をしないというわけなのです。しかし、これには正しい服用をする必要があり、飲み忘れなどがあると効果がなくなってしまったりします。
中用量のピルでは少し強めのホルモン剤であって、仮に受精卵が体内にできてもそれを子宮に着床させないような働きをしてくれるのです。ただ、これは時間に制限があって、性交渉から72時間以内でないと効果がないといわれます。
これらのピルというのは、通常産婦人科などの医療機関を受診して処方してもらうのが一般的ですが、ほかにも買い方があるのです。それが海外からの個人輸入です。通販サイトなどで注文をして支払いをすると、後日それらの薬が送られてくることになります。配送に時間がかかるので、事前に入手をしてストックがあったほうが安心です。
自分に合った入手方法で、手に入れるようにするといいでしょう。ちなみに通販の方がかなり安く手に入れることができるのです。