避妊失敗からセックスレスのためにも喫煙は控える

せっかくコンドームで避妊したにも関わらず、失敗してしまったらショックも大きいものです。

緊急避妊薬であるアフターピルなどで一時的に妊娠を回避できたとしても、セックスを行うたびに妊娠してしまうのではないかという不安が付きまとうので大切なパートナーとセックスレスになってしまうことも考えられます。

特に、避妊の失敗により妊娠を回避できず、仕方なく中絶した後というのはセックスレスどころか相手との関係が危うくなってしまうこともあり、そうなってしまうとあの時きちんと避妊していあればと後悔しても後の祭りです。

望まない妊娠をしないようにするために確実に瀕したいのであれば、低用量ピルの服用をおすすめします。
低用量ピルは、毎日継続して服用することで避妊効果を得ることができる薬の一つです。

低用量ピルならコンドームよりも確実に避妊効果が高くなりますので、合わせて使用するのも良いでしょう。

また、避妊効果だけでなくニキビの治療や、女性特有の子宮内膜症や月経困難症、PMSなどの症状の軽減にも役立ちますので、避妊のためにではなく健康のことを考えて服用する人も増えてきています。

ただ、ピルの服用を考えているのであればたばこの喫煙習慣を控えるようにする必要があります。
まれに起こることですが、ピルの副作用として血栓症になることがあります。

たばこのニコチンには血管収縮作用があり、タバコを吸っている人と吸っていない人では吸っている人は確実に血栓症になるリスクが高まりますので、身体の健康のためにもパートナーとの未来のためにも禁煙するのが望ましいといえます。

低用量ピルは一般的に婦人科で処方されますので、一度相談してみるのはいかがでしょうか。