避妊薬は抜け毛を促進させるデメリットがある?

避妊薬には継続して毎日服用することで避妊効果を得ることができるピルがあります。

コンドームなどの避妊具よりも高い確率で妊娠を回避できるので、確実に妊娠したくない人にはおすすめの避妊法と言えます。

また、女性特有の体の不調である子宮内膜症や月経困難症、PMSなどの症状を軽減させるほか、子宮体がんや卵巣がんなどの発生リスクを下げる効果も期待できます。

加えて、更年期障害の症状の緩和などにも有効であるとされています。

そのため、最近では避妊目的で服用するのではなく、女性特有の病気の抑制のために薬を飲んでいる女性も少なくありま
せん。

最近では低用量タイプのピルも増えてきたことにより、吐き気や頭痛、嘔吐などの副作用が少ないものもありさらに女性が利用しやすい環境が整ってきています。

しかし、そんなピルであってもデメリットは存在します。

ピルには抗アンドロゲン作用があるため、抜け毛を促進させてしまう恐れがあります。

アンドロゲンとは男性ホルモンの一種であり、髪を濃くさせたり強くさせたりする作用がありますが、ピルにはこのホルモンを抑制させる作用があるため服用することで抜け毛を増やしてしまうという作用があるのです。

服用中よりも、服用を中止した頃が最も顕著に表れるようですが、ホルモンバランスが安定すれば症状は落ち着くとされています。

もともと毛が濃かったり量が多い人にとってはうれしい副作用と言えますが、抜け毛が気になる人にとってはあまり良くない作用であるため、ピルの服用をやめたくない場合には同時にミノキシジルなどの併用を行うのも良いとされています。

ピルの服用で抜け毛が気になってきた人は、まず処方してもらった専門クリニックの医師に相談するようにしましょう。